”勝負授業” 第十二番 2-2理科

”勝負授業” 第十二番 2-2理科

10月25日(木)第4校時、理科の坂倉先生が第十二番手の勝負授業にチャレンジしました。この日の授業は「ブタの眼球解剖」の題名が示す通り、ホンモノのブタの眼球を使い、これまでに学習してきた眼球の各部を実際に確認していきます。気持ち悪がる生徒もいる中、ほとんどの生徒は淡々と余分な肉を剥がし、視神経を確認し、レンズを取り出していました。取り出したレンズで解剖皿に書かれた小さな文字が拡大されると「オオッ!」という歓声が上がり、まとめのプリントに気付いたことを文章で記入し、この日の授業は終了。なかなかできない、迫力に満ちた”ホンモノ”を使った印象的な授業となりました。