”勝負授業” 第十三番 3-2英語

”勝負授業” 第十三番 3-2英語

11月12日(月)第2校時、十三番目の勝負授業を行ったのは、英語の北條先生です。この日のねらいは、”Explain in English about Japanese culture”として、これまでの学習を活かし、日本文化を英語で説明することを目指します。授業の導入はいつもの挨拶から、30秒交代で “What did you do last weekend?”のやり取り。その後も、”communication drill”を使って1・2年生の復習を兼ねた会話練習、北條先生御自身の「取材」による動画からの”describe”と続き、今日のメインである取組「配付されたカードにある『日本文化』を英語でチームメンバーに説明」が行われました。「関取」「達磨」「河童」などのお題には生徒から「エーッ!」という声が上がり、説明に四苦八苦して単語のやり取りになってしまう生徒もいましたが、皆、何とか自分の考えを伝えようと楽しく必死に会話が行われました。北條先生らしい、刺激的で密度の濃い50分間となりました。