【YKB】2学期終業式を振り返って(前編)

【YKB】2学期終業式を振り返って(前編)

◇12月21日の終業式後、生徒は短い時間の中で「終業式を振り返って」を記入しました。内容は、「1.今日の校長先生のお話の中で、印象に残ったことを箇条書きで書いてみましょう。」「2.上記の中で、これからの自分に活かしてみたいと思うことを書いてみましょう。」の2つです。生徒が書いた内容を紹介します。

3年 A.N.
1.・今、自分にできることに打ち込むことは、他の何かのために頑張っていると同じこと。 ・思いがけず進むことになった進路、道、その積み重ねが自分をつくる。 ・骨髄バンクとスーパーボランティアのお話。
2.誰かに言われなくても、自分でできることをやって、多くの人に希望を与えられるようになりたいと思った。自分の意思で自発的に新たな一歩を踏み出すことで自分を変えられるというお話を聞いて、周りから何と言われても自分がやりたいと思うことには全力で挑戦したいと思った。

3年 H.K.
1.・ボランティアの尾畠さんが授賞式を辞退した理由 ・骨髄バンク大谷さんの話のその後 ・冬休みを過ごす上での選択
2.尾畠さんと大谷さんの共通していることは、目的は違うが人を助けようとする姿だと思いました。人助けをすることは自分自身に余裕が無いと難しいけれど、誰にでもできることなんだなと思う。毎日、些細なことでもいいから人の為になることをしていきたい。されたときでも「ありがとう」と言えるようになりたい。

3年 H.U.
1.・スーパーボランティアの尾畠さんの話 ・骨髄バンクについて話してくれた大谷さんのこと ・二人に共通すること
2.ボランティアとは、自分から行動することだということが改めて分かりました。高校生になったら、災害の被災地などに行ったりして、自分から行動したいと思いました。尾畠さんと大谷さんに共通する「今、自分にできること」「何かのために力を尽くす」この2つのことが大切だと分かりました。これから何かにぶつかったりしたら、この2つの言葉を思い出して前に進み、生きていることに感謝したいです。

3年 S.K.
1.・ボランティアには自分からという意味がある。 ・大谷さんは、生かされた自分が同じ病気の人たちに何かできることはないか探した。→誰かに言われたわけじゃない。 ・いつも私たちは選択をしている。
2.大谷さんも尾畠さんも、自分にできることは何なのかを探し、誰かの役に立とうとしている。私もお二方のように誰かの役に立ち、感謝をされるような人、誰かを笑顔にできる人になりたい。これからはもっと大きくてたくさんの選択をすると思う。自分に合った選択、誰かのためになる選択をしていきたい。

3年 H.O.
1.・尾畠さんが「スーパーボランティア」の流行語大賞の受賞・表彰式を辞退したのは、当たり前のことをしただけだからと言っていたこと。 ・大谷貴子さんは、病気という望んでいない進路に進まざるをえなかったけれど、そこから自分と同じような境遇の人のためにできることを考えて選択している。それによって多くの患者に希望をもたらした。 ・上の二人には、今、自分にできることに打ち込み、他の人、物のために尽くしているという共通点がある。
2.・二人のように、今、自分にできることに打ち込み、他の人、物のために尽くしたい。 ・今、自分にできることは、身近な人の役に立ったり、自分や他人のために勉強することだと思う。 ・冬休みは、自分が選択した進路、道に向かって、どのように過ごすかの選択をしっかりしようと思う。

3年 T.N.
1.・ボランティアの尾畠さんの話 ・白血病の大谷さんの話 ・行事の成功について
2.人生は楽をするのは簡単ですが、人のために奉仕したり、誰かの役に立つように信念を持って生きるのは中々難しいことだと思いました。お話の中に出たお二方はそれらのことを当たり前のようにこなしていてすごいなと思いました。僕も冬休みの生活の中で、まずは身近な家族や友達から、人のためになることを進んで行いたいと思いました。

3年 M.S.
1.・大谷さんの「白血病」について ・今、自分にできること ・選択
2.大谷さんの講演や尾畠さんのボランティアについて、その方々に共通することが「今、自分にできること、他の何かに力を尽くしている」と校長先生がおっしゃっていました。それを聞いて、とても素晴らしいことだなと思いました。今はすぐにできなくても、将来、人の役に立てる仕事をしたいなと思いました。

3年 S.K.
1.・2学期の大中生の成長と活躍 ・スーパーボランティアの尾畠さんについて ・骨髄バンクの大谷さんの講演について
2.今学期は、様々なことが2年生へ引き継がれました。私も、生徒会を40期へと引き継いだ今、自分自身と向き合う時間が増えました。3年生は、この冬休みの努力次第で自分の進路がほぼ決まります。どのようなことを意識すればよいか、しっかり考えて勉強したいです。そして、3か月後には卒業します。最後まで後輩にかっこいい姿が見せられるよう、有終の美を飾れるようにしたいです。

2年 A.I.
1.・ボランティアについて(自立、自分から、自発的に) ・骨髄バンク(白血病、病気、生きることの大切さ) ・大谷さんの努力(人は毎日選択している)
2.私は今回の話を聞いていて、ボランティアをする大切さ、そして、人が生きている大切さなどを考えました。私は2年になって初めてクリーンパトロールをやって、自分の街に沢山のゴミがあるのだと思いました。日々、身の回りがキレイなのは、ゴミを集めて掃除をしてくれている人がいるのだと改めて思いました。なので、自分も自発的に物事に取り組みたいです。

2年 K.S.
1.・スーパーボランティアの尾畠さん ・骨髄バンクの大谷さん ・今、自分ができることに打ち込む
2.今、自分ができることをして、それが誰かのためにならないとしても、誰かが自分のことを見てくれているかもしれない。自分にできることを何回でもやれば、誰かのためになるかもしれない。自分が行ったことで一人でも救われれば、自分はその人のヒーローになることができる。そう考えると、自分ができる簡単なことでも自主的に取り組みたいと思います。

2年 H.I.
1.・色々な行事を全部成功させることができた。 ・ボランティア活動をしている尾畠さんについて ・日本骨髄バンクの大谷貴子さんについて
2.2学期は長かったけれど、その長い期間でたくさんの行事があり、その行事の中でたくさんの成長や活躍をしてきたと思います。そして、ボランティア活動をしている尾畠さんは恩返しがしたいとのことで、災害があったところのボランティア活動をしていてすごいなと思いました。そして、大谷さんの話では、白血病についてや日本骨髄バンクについてたくさん学ぶことができました。生きている幸せのことを一心に伝えていて、とても衝撃を受けました。白血病の怖さと苦しさを改めて知ることができたし、今、自分ができることに打ち込むということが、私も見つけられたらいいなと思いました。今、打ち込むことができるものをいつか見つけられるようにしていきたいと思うし、冬休み中に探していきたいです。

2年 S.S.
1.・ボランティア ・人権教育講演 ・人の役に立つ
2.”自分の人生は誰かに支えられ、世話になって生きてきた”という考えに深く共感しました。ボランティア活動は、自分から何かするということだと知っていましたが、深い意味は知りませんでした。ですが、ボランティア活動を積極的にしている人がいることを知り、自分も一人でも二人でも人の役に立つことができたらいいなと思いました。人権教育講演で、講師の大谷さんの話を聞いたとき、白血病の怖さを知りました。骨髄バンクについても知ることができ、自分の命の大切さを改めて感じました。ボランティアの話でもありましたが、人の役に立つことの難しさが少し分かったような気がしました。自分ができることを全力でやり、正しい選択ができるようにしたいです。

2年 H.K.
1.・尾畠春夫さんが流行語大賞を拒否した件 ・大谷貴子さんがスケジュールを組んできてくれたこと ・どのように冬休みの過ごし方を選択するか
2.自分が「これをしよう」と決めたことを貫き通す、あるいは、やむを得ぬ事情でこの道を進まなければならないどんな事情が裏に隠れていたとしても、自分の選択した道は尊いものだし、その道だと決めて進んでいく、それこそが立派な「道路」だし、人間は常に進路を選択しながら生きていく、そう校長先生の話を聞いて思いました。自分も、自分の選択を敬って生きていきたいと思います。

2年 K.H.
1.・骨髄バンクについて学んだ後、インターネットで白血病について調べ、感想用紙にまとめてきた人がいた。 ・人を助けるため、大谷さんは分刻みの忙しい職業を選んだ。 ・人を助けることは誰にでもできる、ということを表現している
2.「人を助けたい」と思う人は多いかもしれませんが、実際、人のために自分が苦労し、何かを尽くしたという人はそう多くはいないのではないでしょうか。僕は、失敗を恐れて何もせず、不変化を望んでいるならば何も変えることができないと思いました。本当に人を助けたいという気持ちがあれば、誰だって自然と、人を助けることができます。だから、「人を助けたい」と思っていても行動しない人は、相手を「他人」としてしか扱っていないのではないでしょうか。人を助けるためには、相手の気持ちになりきることが大切だと思います。これからは、相手が自分に何を望んでいるかを考え、人の役に立てるようになりたいです。

2年 K.S.
1.・合唱祭 ・スーパーボランティア(尾畠さん) ・骨髄移植、白血病(大谷貴子さん)
2.人のために生きたい、自分のために生きたい、色々な人生がある中、人の役に立つという選択を取った人がいました。しかしその人は、人の役に立つことは当たり前で、今まで人の世話になったから恩返しをしていると言っていました。そして、自分と同じ病気の人たちに、沢山の勇気を分けえ与えて活躍している人もいました。なので、自分のために生きることもできますが、人の役に立つ人生も良いなと思いました。

2年 N.O.
1.・合唱祭、新人戦、駅伝などを成功させた ・ボランティア(「自分から」)は当たり前のこと ・今、自分ができることに打ち込むことが大切
2.「人は日々、選択をして生きている」という言葉を聞いて、人生には選択する場面が何度もあって、一つ失敗しても終わりではないんだなと思いました。大きな失敗をしてしまっても、今、自分ができることをあきらめずに続けていきたいです。

 

◇今回は、始業式で話した「被災地ボランティアの尾畠春夫さん」と先日、御講演いただいた「日本骨髄バンクの大谷貴子さん」それぞれの生き方から、進路=生き方の選択についてお話ししました。少々難解な話と思いましたが、生徒の「振り返って」は、たいへんよく考え、書き込まれたものが目立ちました。
「後編」に続きます。