【YKB】3学期始業式を振り返って(前編)

【YKB】3学期始業式を振り返って(前編)

◇1月8日の始業式後、生徒は短い時間の中で「終業式を振り返って」を記入しました。内容は、「1.今日の校長先生のお話の中で、印象に残ったことを箇条書きで書いてみましょう。」「2.上記の中で、これからの自分に活かしてみたいと思うことを書いてみましょう。」の2つです。生徒が書いた内容を紹介します。

 

3年 H.O.
1.・自分に打ち勝って進路を切り開き、新たな環境になるとチャンスや多くの気づきが得られる。また、新たな環境に対応するための手間は、自分自身を成長させる。 ・異なる文化で暮らしてきた人と接することは、世界の広さや深さを知り、自国の文化、生活、国について考えさせられることがある。 ・インターネットの情報は、誰かの目、耳、経験を通して誰かの脳から伝えられたものである。インターネットの情報だけでなく、自分の目で見て耳で聞くことが大事である。
2.・新たな環境に適応するのは大変だけれど、その手間は自分のために決して無駄にはならないものだから頑張ろうと思う。 ・異なる文化で暮らしてきた人と接することは難しいし、すれ違いや誤解が生まれやすいかもしれないけれど、お互いの違いを理解しながら、お互いのことを学んでいけるようにしたい。 ・今の時代はインターネットが世界の全てのようになっているが、それは誰かを通して伝えられたことだから、その人の主観が入ってしまっている。インターネットの情報だけでなく、自分で経験しないと分からない世界を知れるようにしたい

 

3年 S.K.
1.・世界の広さや深さを知ったり、人生を豊かにするチャンス ・海外に住んだり行くと、日本の文化など国というものについて多く考えさせられる ・ネットにある情報は、自分の目で見たものとは違ってしまう
2.これからある入試から、人生を豊かにできるよう努めていきたいと思った。また、私も将来は海外で活躍できる人になりたいので、そこからその国のことだけでなく、もっと日本についても考え、自分にとって実りのあるものにし、もっと誰かの役に立てる人になれるよう頑張りたい。

 

3年 H.Y.
1.・新しい世界、チャンス ・外国の方と触れ合うこと ・40周年について
2.約2週間で私立入試、約1カ月で公立入試なので、勉強を頑張りたいです。また今後、外国の方と触れ合うのは今よりも多くなると思います。私は英語は苦手ですが、外国の方ともっと交流することや、外国についてもっと関心を持っていきたいです。大袋中学校も今年で40周年なので、これからも良い伝統を引き継いでいけるよう、残りの学校生活も頑張ります。

 

3年 R.I.
1.・3年生は春から新しい環境に変わるので、圧力に打ち勝ち、進路を切り開いてほしいということ。 ・自分の”目”で確かめて本当の気づきがある。 ・創立40周年を迎えるにあたってのこと。
2.環境が変わるということは、必ず新たな気づきがあり、不安とチャンスがあることを学びました。特に外国へ行くと、日本と違うところを考えさせられると思います。この機会に新たな発見ができるように、不安はあるけれど沢山の挑戦をしていきたいと思いました。

 

3年 Y.H.
1.・冬休みの生活について ・グローバル化について ・創立40周年について
2.私は冬休みの生活について考えました。私にとっての冬休みは、ほぼ毎日が塾や家での勉強でした。冬休みでより一層、受験生という自覚を持ったと思います。また、グローバル化についても深く共感できました。私も将来、海外の方とも関われる職に就きたいと思っているので、グローバル化が進んできていることは、とても嬉しく思いました。また、約1か月半の受験を全力で取り組みたいです。

 

3年 K.S.
1.・入試、春から環境が変わることについて ・校長面接→海外との関わり ・今年で大中40周年→キャラクター募集&キャッチフレーズ
2.今、目の前にある「入試」に全力で取り組み、高校という新しい環境の中で新しい出会い、環境に”挑戦”できるようにしたい。海外の「環境」、外国の人との関わりも大切にしていきたい。(目の前のことだけじゃなくて)

 

3年 H.Y.
1.・環境の変化はチャンスでもあり、何かに気付き成長する瞬間である。 ・自分にとって当然のものと、他人にとって当然のものの違いを、自分の目で見て、気付くことは大切である。
2.3年生である自分が「環境の変化」にどう対応していくかで、これからの生活や生き方が変わっていくと思った。また、自分にとってのあたりまえを常に疑い、常識を鵜呑みにしないことで他の人の「あたりまえ」を理解できるのではないだろうかと思った。

 

3年 H.U.
1.・環境の変化による変化について ・創立40周年‼
2.高校生になったら、周りの友達も環境もいろいろ変わると思います。そして校長先生が話してくださった様に、自分が今まで気づかなかった自分の一面、友達の新たな一面、たくさんの気づきが生まれることを理解し、高校に行くことが楽しみになりました。さらに、私は将来、海外で働いたり、外国の方に関わる仕事に就きたいと思うので、大きな環境の変化にあたると思います。環境の変化を恐れず、変化によるいろいろなことを楽しみたいと考えました。

 

3年 H.K.
1.・環境の変化によるいいこと ・自分で経験して知ることの大切さ ・大中がもうすぐ40周年
2.受験勉強を頑張ろうと思った。環境の変化にひるまず、積極的にいろいろなことを経験しようと思った。どんな環境、変化にも対応できるように頑張ってみたり、自分がいい方向に行けるように考えて行動できるようになろうと思う。

 

3年 A.N.
1.・新たな環境で不安だけど、それは自分自身の成長のチャンスである。 ・外国へ行くと文化に気づき、あたりまえな日本の文化と生活の違いに気づく。 ・ネットの情報より、自分で見て自分で経験する大切さ
2.新しい環境で生活するのは大変だけど、自分の成長のチャンスであると聞いて、たくさんのことに挑戦してチャンスをつかみたいと思った。新たな環境に進むためにやっている勉強はつらくて圧力に押しつぶされそうになるけど、逃げていたらいつまでたっても変わらないから、圧力に打ち勝ちたいと思った。外国のお話を聞いて、あたりまえな日本の生活や文化と外国との違いに、ネットで知るのではなく、自分の目で見て、自分で経験してその国の良さを見つけたいと思った。

 

2年 H.I.
1.・3学期後の生活の変化 ・自分の目で見ると沢山得ることがある ・大袋中学校は、今年で40周年
2.3学期後の環境の変化は最初は慣れないですが、どういう時でも環境の変化はあります。3学期後はクラスが変わり、クラスのメンバーが変わったりして、その人たちからいろいろなことを学べるかもしれないし、新しい友達になったりできたりするので、3年生になってから落ち着いていきたいです。3年生になると、進路選択があります。その進路のことをネットとかで調べるよりも、自分の目で見に行ったり体験したりなどすると、ネットの情報とは感じ方が違うし、新たに違うものを得ることができるということを知ったので、高校を選ぶ時、自分の目で確認して決めたいです。

2年 R.Y.
1.・3年生の入試 ・環境の変化 ・東京オリンピック グローバル
2.3年生は高校生になり、私たちは学年やクラスが変わり環境が変わるので、新しく知ることが多くなります。3年生は最高学年なので、先輩に教えてもらったことを引き継げるようにしたいです。東京オリンピックも近づき、外国人と関わる機会も多くなるので、生活や文化の違いに対応し、チャンスをものにできるようにしたいです。

2年 S.S.
1.・環境の変化 ・グローバル社会 ・将来について
2.学級が上がるとそれに伴って環境が変わります。チャンスができたらそれを逃さずにしていきたいです。今の世の中はグローバル社会になっています。外国との交流が増えていくと思います。海外で働くことがあるかもしれません。もし、働くことになったとき、その文化に触れることも当然あります。日本ではないルールを学ぶことこそ、大きな環境の変化だと思います。私も、環境とまではいかなくても、自分自身変われるようにしたいです。

2年 H.O.
1.・環境が変わると多くの気づきがある ・外国について ・大袋中開校40周年記念
2.校長先生の話を聞いて、環境が変わることで自分のことを知ることもできる。そして、他国の文化の中に自分の身を置くことでどのような生活の変化があるのかを考えるきっかけになりました。そして、今年の大中は開校40周年というめでたい年になり、卒業するまでの中学校行事の中で、一番印象に残る思い出になるといいなと思いました。

2年 H.K.
1.・環境が変化することは「気付き」を与えてくれる ・自分の見たこと、経験したことは、ネットの情報より糧になる ・多くの人の「チャンス」がものになるように
2.自分は外国が怖いです。最近の外国は治安が悪いからというのが大きな理由の一つですが、その他にも、異なる文化と交流することを恐れる心も理由の一つであると思います。自分らの常識と違うことを拒んでいては成長することはできないと思います。せめて外国には行かずとも、一人暮らし等は経験しておき、自らを新しい環境の下に置いて自分を見つめ直してみたいなと思います。そうすれば、自らの中に何か新しい「気付き」が生まれ、その「気付き」は必ずや今後の人生を生き抜いていく上で道標となってくれるだろうと思います。中学校の中であってもどんどん挑戦をして、どんどん自分を変え続けていきたいと思います。

2年 K.S.
1.・環境の変化 ・世の中のグローバル化 ・創立40周年
2.今まで知ることができなかったことが、現在では知ることができるようになっているので便利になっています。しかし、インターネットの情報も、本当にあっているのかは分かりません。なので、それを知るために自分の目で実際に確かめることが大切なことだと思いました。そして、大袋中が創立40周年を迎えるのにふさわしいような生活ができたら良いと思いました。

2年 S.T.
1.・進路、校長面接 ・海外について ・創立40周年
2.私たち2年生はもうすぐ3年生になり、進路を真剣に考える時期になってきました。その点について、海外などの日本を出て活動することを考えている人がいることに驚きました。でも、その夢に向かって学ぶことはとても良いことだと思いました。

2年 K.H.
1.・環境を変えることでチャンスが生まれる。今まで知ることができなかったことを知ることができる。 ・外国で暮らすことで新しい発見ができる。
2.正月に部屋の掃除をしたら、勉強がはかどるようになりました。今日の話のように、環境を変えることでチャンスが生まれるとはこのようなことだと思いました。掃除をすることは清潔さを保つだけではなく、集中できる環境をつくることでもあると思うので、これからも掃除をしていきたいと思います。

2年 Y.I.
1.・3年生の入試、これからの進路について ・他の国(外国)との関わり→関わることでの気づき、観点の違い ・40周年としての活動
2.僕はこの話を聞いて、入試のつらさがまず分かりました。僕はあと1学期終わってしまえば3年生になります。そこで入試が待っているので、とっても怖いです。それから、外国との関わりです。僕はこの話を聞いて、人の考えは本当に面白いなぁと思いました。さらに、外国に行ってみたいなぁと思いました。僕は、気付き考えて、生徒会長として何かに+αできればなぁと思いました。あと、40周年の活動も始まります。会長として、40周年を盛大にと思いました。

2年 A.I.
1.・3年生の入試(環境の変化) ・異国で働く(3年生の面接での話) ・大袋中が今年40周年(キャラクター&キャッチフレーズ)
2.私は今年から新3年生になり、高校入試が近くなりました。今まではあまり考えていなかったので、多少焦るところがありますが、この3学期から日々努力して、笑顔で終われるようにしたいです。自分は英語が苦手で、異国で働く生活ということを考えたことがあまりありませんでしたが、新年を迎え、そして新しい一歩を踏み出して新しい場所で新しい環境で生活を考えてみたいです。今の3年生は私立まであと2週間、公立まであと約50日となるので、自分も今から努力して本番で良い結果が出せるようにしたいです。

◇今回は、3年生の進路選択に向けた取組を切り口に、環境の変化と気付き、成長についてお話ししました。
◇「後編」に続きます。