【8/4更新しました】2020.07.20 どんな理由があっても奪ってはいけません。 「他の人の」はもちろん、「自分の」も。

【8/4更新しました】2020.07.20 どんな理由があっても奪ってはいけません。 「他の人の」はもちろん、「自分の」も。

先週の土曜日に、有名俳優が亡くなったという報道が世の中をザワザワさせました。 報道によると「自殺」とのこと。 死を選択するほど辛く、追い詰められたのかもしれません。

 

 

… でも、報道のとおり「自殺」だとすれば、例えどんなに辛いことがあっても、死を選ぶことは肯定できません。

 

 

… 他の人のはもちろん、自分のだとしても、「大切な命」を奪うことに変わりはありません。

「大切な命」を奪うことは、「人として、最もしてはならないこと」だからです。

 

 

… 大袋中生のみなさん。 「自分の命」と「相手の命」を大切にし、辛い時でも「自殺」ではなく、「生きること」を選び、たくましく生き抜く大袋中生であり続けてほしいと思います。

 

 

 

 

 

… 7/2(木)の6時間目、1年生対象に道徳の授業で実施された「命のプレゼン」。 このプレゼンを通して、1年生のみんなは「大切な命」についてよく考え、しっかりと感想を書いてくれました。

 

… もう一度、何人かの感想を紹介します。

 

◎私は、寺嶋先生の話を聞いて、『生きていることってとっても素晴らしいことなんだなぁ。』と、改めて感じました。何の罪もない人への「嫌がらせ・いじめ・暴力」等は、絶対にしてはいけないと思います。「何気なく過ごした今日は昨日亡くなった人のどうしても生きたかった明日」という言葉を見て、一日一日を大切に生きていこうと思いました。  【1年3組 女子】

 

◎自分は今日まで本当に何も考えずに生きてきたような気がします。命の大切さなんて、今まで考えたこともありませんでした。なので、今日話を聞いて胸の所が痛くなったような気がします。海老蔵さんの奥さんが亡くなったというニュースは覚えています。海老蔵さんが泣きながらインタビューに答えていたこともよく覚えています。そのニュースを見た時も胸が痛くなりました。「亡くなった人の代わり」というのは不謹慎な気がしますが、自分の命を大切にして生きていこうと思います。 【1年5組 男子】

 

◎生きていく上で大切なのは、亡くなった人の希望を持って生きていくということだと思った。自分の命は大事だけど、周りの命のことも気を付けなければならないと思った。悲しむ人がいっぱいいるのに、「死ね」とか「死にたい」とか軽々しく言ってはならないと思った。一番悲しむのは家族だから、自分のためにも家族のためにも生きようと思った。 【1年1組 男子】

 

 

 

… 中学一年生のみんなは、「生きているのは素晴らしいこと」「自分の命を大切にして生きていこう」「自分のためにも家族のためにも生きよう」…と、「大切な命」について、とてもよく考えてくれました。

 

… 大袋中生のみなさん。 他の人のはもちろん、自分のも奪ってはいけません。

 

… 「大切な命」についてしっかり受け止め、一日一日を大切に、みんなで一緒に生きていきましょう。